リモコン復活

毎日の猛暑でエアコンのリモコンが言うことを
効かなくなった。
とりあえず壊れてもなんとかなるか?という
気持ちでチャレンジ。
あちこち半田付けをやり直して無事に復活!!
まだまだ残暑が厳しいので頑張って
もらわないとね。

画像


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2010年08月29日 19:29
おっ、やったね。
でも、そのハンダコテは、同じやつ持っているけど、絶縁抵抗が低いのでC-MOSの素子のハンダ付けは、あぶないぞ。バイポーラのみの回路向けだぞ。
2010年08月29日 19:36
そろそろ新しいハンダコテ買いますかね?
20年前のエアコンですが頑張ってます。
1900年代は長持ちします。
でも外での配管のプラはボロボロですが...
2010年08月29日 20:46
友人が、あまり深く考えずに、鉛フリーのハンダ買ったら、「さっぱり、つかねぞー」と、嘆いていました。鉛フリーにするなら、パワーのあるコテにするしかないのかな。私は、手持ちの鉛入りを使用中ですが、環境のためには、個人使用も鉛フリーにすべきなのかな。
2010年08月29日 21:04
もちろんハンダは手持ちのハンダなので
鉛フリーではなし。
粘土があって衝撃も強し!!
ある物は使って今度買うときは
鉛フリー。
もちろん20年前のリモコンも
鉛あり。

この記事へのトラックバック